スポーツ傷害予防サポートチーム
HOME 活動紹介 予防プログラム サポートチーム 研究報告 LINK
Welcome!


・公益財団法人 運動器の10年 奨励賞を頂きました





・大見PTがIOC WORLD CONFERENCEで発表をしました。
また同CONFERENCEの中で、東京医科歯科大学の古賀先生が我々の取り組みを紹介してくださいました。






・尹PTによる指導者を対象とした研修会が新聞に掲載されました



<スポーツ傷害予防サポートチームの紹介>

私たちは理学療法士の有志でチームを作り、スポーツ傷害の予防に取り組んでいます。

スポーツ傷害予防サポートチーム


スポーツ傷害予防プログラム
★チームの目的
@外傷予防プログラムの普及(主にACL損傷、足関節捻挫等)
A理学療法士・トレーナー・指導者に対して知識の伝達
BACL再建術後の選手・患者さんへの予防プログラムの普及
私達は上記の3点を目的に活動しています。

このサイトでは、私たちが実際に取り組んでいるスポーツ現場での指導の内容や今まで実施して得た知見(研究結果)について理学療法士・トレーナー・スポーツ指導者等の方々に知っていただきたいと思い、立ち上げました。

より多くの人達に私たちの実際の活動とスポーツ選手に貢献できるこのプログラムの成果を知っていただけたら嬉しく思います。

<チームメンバー>

日本鋼管病院
大見 頼一
金子 雅志
栗原 智久
関 大輔
國田 泰弘
井上 拓海
井上 瑞穂

いちはら病院
川島 達宏

伊東市民病院
尹 成祚

新浦安整形外科
長妻 香織

介護老人福祉施設フロリール調布
土井 朋美

帝京平成大学 健康メディカル学部
吉本 真純


青葉さわい病院
宮本 謙司
小川 千津子

褐注N増進工房
今井 なな

よねだクリニック
服部 紗都子

東京大学医科学研究所
附属病院

野口 恵

浜松市リハビリテーション病院
石井 裕也

昭和大学藤が丘リハビリテーション病院
大嶺 尚世

<お問い合わせ>

スポーツ傷害予防
サポートチーム

スポーツ傷害予防サポートチーム